InternetExplorer11のサポート終了について

既にメディアなどで報じられていますが、2022年6月末をもって、InternetExplorerのサポートが終了し、Edgeしか使えない状況となります。このため、早めの切替をお勧めます。

Q1.実際、どうなるのですか?
A1.2022年7月以降にIE11を起動すると、自動的にEdgeにリダイレクトされます。また、将来のWindowsUpdateにより、IE11が無効化されると言われています。

Q2.普段はGoogleChromeを使っていますが、問題ないですか?
A2.GoogleChromeで問題なければ、Edgeにする必要はありません。電子商取引では、Edgeを推奨されていると思われ、また今後Edgeに対応すると思います。

Q3.IE11で保存しているお気に入りは使えますか?
A3.Edge起動時に、お気に入りのインポートウィザードが立ち上がって、簡単にインポートすることができます

Q4.ダウンロード時に、「名前をつけて保存」ができないです。どうしたらいいですか?
A4.Edgeの設定で、「ダウンロード時に毎回確認する」の項目をONにすれば、IE11と同様の操作ができます

 

 

前の記事

年末・年始のお知らせ